インディーは考えた!

世界のトップボクシング、UFCと、クワガタなどが好き

【試合予想】8/22マニー・パッキャオVSエロール・スペンス

 

2021/8/22 マニー・パッキャオ VS エロール・スペンス inラスベガス(T-モバイル・アリーナ)

Image

(引用元:パッキャオのツイッターよりhttps://twitter.com/MannyPacquiao/status/1395842435448668164)

 

試合情報:https://boxrec.com/en/event/834350/2682693

 

1.比較データ

f:id:indii:20210605011649j:plain

(2021年6月時点)

(参考情報)

パッキャオ:https://boxrec.com/en/proboxer/6129

スペンス:https://boxrec.com/en/proboxer/629465

(選手紹介動画紹介)

 

 

サウスポー同士で、身長リーチ差が数字上では10センチ以上あります。

 

・攻撃力について

両選手とも攻撃力に1番強みをもっているため、かなり難しいところです。

お互い左右両方のパンチ力が強く、KOシーンもよくあります。力強さという点でスペンス選手にしておきましょう笑。

コンビネーション、というか連打力ではパッキャオ選手が目立ちますね。

純粋なパワーパンチはスペンス選手、爆発力でパッキャオ選手、という感じです。

 

・ディフェンス力について

接近戦においてはスペンス選手の方が上手いでしょう。

パッキャオ選手はポジショニングでパンチをもらわないようにしているのが上手いと思います。

が、ガードやボディワークなどディフェンス面を総合的に見ると、スペンス選手の方が良い印象があります。

 

・スピードについて

これはパッキャオ選手です。

回転のスピードはもちろん、瞬間のスピードも上回っています。

ステップ、踏み込みは、今のパッキャオでも確実に勝っています。

スペンス選手のスピードについては、目立って良いポイントはないというのがいつもの僕の考えです。

 

・体力について 

スペンス選手でしょう。

フィジカルの強さは特にです。

打たれ強さの面では、スペンス選手がまだ打たれた局面を見せていないので、なんとも言えませんね。今回それがわかるかもしれません。

 

・他

経験値はパッキャオ選手が段違いにあるので、対応力は若干勝るかもしれませんが、スペンス選手も安定感抜群ですから、なんとも言えません。

精神面も当然高い状態に両選手ともありますし、人気者です。

この面ではあまり差は無いと思います。

 

ということで、攻撃面では良い勝負、スピードは確実にパッキャオ選手、それ以外はスペンス選手というのが、インディーのスペック確認の結果となります!

今回はそのスペックを存分に活かしきれる作戦がカギとなりそうです。

 

2.予想する試合展開

 

両選手のキーパンチは、

スペンスのボディ狙いがどれだけヒットするか、

パッキャオの左右アッパーが当たるか、

です。

 

まず、スペンス選手は絶対にボディを狙うべきですし、そうしてくるでしょう。

パッキャオ選手は、ボディが効いてピンチに陥ることが少なく無いからです。マルガリート戦の中盤あたりなんかそれがわかりやすいです。

スペンス選手も接近してボディ、カウンターでもボディが得意です。

スペンス側の1番効果的な戦略は「最初から最後までボディ狙い」だとインディーは確信しています。

パッキャオ選手はこれをもちろん防ぐ意識はあるでしょうが、しつこいボディ攻撃ならいくつかもらってしまうはず。

今回はこのボディ攻撃を上回るように攻めなければ厳しい戦いになりそうです。

 

一方のパッキャオ選手は、確実に上回っているだろう踏み込みと回転のスピードで、スペンス選手の固いガードの上から隙間からボコボコにできるかどうかが注目です。

パッキャオvsサーマンで、サーマン選手は予想以上に止まらないパッキャオ選手の四方八方からの連打に、かなり手を焼いていました。見たいた僕も、ここまで連打力に差があるのかと驚きました。さすが6階級制覇王者のレジェンドだと感銘を受けたものです。

今回の試合でもそのスピード差は歴然だと予想します。

特に今回はガードで防ことの多いスペンス選手が相手。サーマン戦のように、踏み込んで射程圏内に入ったら連打をポジション変えながら打ちまくってペースを握れば、新世代のスター選手を再び打ち負かせるかもしれません。

そして、左右のアッパーが当たり始めたら、隙間をとらえてヒット数も多くなるということで、勝率もぐんとアップするでしょう。

 

また、パッキャオ選手が連打した後すぐのタイミングでスペンス選手が攻められるか、またはそれにパッキャオ選手は対応できるか、という攻守が切り替わるタイミングも意外にポイントだと思います。

たぶんこの試合は、パッキャオ選手の連打中かそれ以外かで、両選手の攻防シーン、有利なシーンがはっきり分かれるでしょう。スペンス選手は連打中に打ち返すよりも、連打後すぐの方が無難に攻められるはずだからです。

そのタイミングを制すことができれば、それぞれの有利なシーンを増やすことができます。

スペンス選手はボディへのパンチをどれくらいヒットさせるのか。それを防ぎながらパッキャオ選手の連打がどれだけ顔面に当たりペースを掴むのか。連打後のタイミングを制すのはどちらか。

今回そういったところが勝敗を分けるポイントになるのではないでしょうか。

  

3.結論

スペンス判定勝利3−0

116-112ぐらいのポイントがつくと予想します。

やはり、スペンス選手がパッキャオ選手にボディを当てて弱らせるという予想です。

9Rぐらいにボディ、またはボディが効いて顔面へのパンチあたりで、スペンスKOもあると思っています。

 

スペンス判定勝利35%、スペンスKO勝利(ボディ)20%、

パッキャオ判定勝利25%

ぐらいで可能性は考えています。

けっこうスペンス勝利推しですね笑。

 

まあどっちが勝つにしても、勝った方はいよいよクロフォード戦が目前となります。

スペンス選手の場合は新世代のウェルター級最強決定戦へ。パッキャオ勝てば、新世代の壁として君臨し新旧最後の決定戦へ。

この試合の両選手ともにウェルター級の好カードたくさんのPBC傘下なので、まだまだサーマン戦やガルシア戦やポーター戦など揃ってはいますが、もうそろそろカードが出尽くす感もあるので、本当にクロフォード戦が浮上してくる可能性は高いでしょう。

 

新世代スターとレジェンド対決はパッキャオVSサーマンに続く第2弾!

激闘必須で試合後まで見逃せません!

 

 

 

 

 

以上。

 

しかし、パッキャオ選手が勝ったらまたメイウェザーの株が密かに上がりますね。

カネロ選手が勝つたびにも同じこと言えます。

エキシビジョンで引退後楽しんでて、いろいろ非難されてもいますが、実力はやっぱ本物だったですね。

 

 

ではでは。 

 

(パッキャオの関連記事)

  

(スペンスの関連記事)