インディーは考えた!

ボクシング(格闘技)とその他好きになったもの

乳首までトランクス⁉︎/ボクシング感想(パーカーVSフューリー)

 

最近エキサイトマッチは対戦カードのインパクトが弱いですねー。

そのせいか、ちょっとだけボクシング熱は落ち着いてます。

いや、9月までが強すぎたのかな?笑

 

でも、ちゃんと毎週録画もして見てます。

んで、10/30放送のメインカードでは、ヘビー級の中で最も有名でないWBOチャンピオンベルトの防衛戦が行われました。

典型的なファイターVSボクサー対決で、色々と面白かったので感想書いていきます。

 

 

 

 

ジョセフ・パーカー VS ヒューイ・フューリー

f:id:indii:20171031005606p:plain

(引用元:パーカーvsヒューリー、9.23英国にリセット | Boxing News(ボクシングニュース) ※5月フューリー選手負傷前の試合のバナーだそうです。)

 

「パーカー判定勝利」2−0(118−110 ×2、114−114 ×1)

インディー採点「パーカー判定勝利」119−109

f:id:indii:20171031011149j:image

 

 

パーカー選手はニュージーランド初のヘビー級ボクシングチャンピオン、フューリー選手は名前からも想像できるように、あのおしゃべりチャンピオン、タイソン・フューリーのいとこです。

他団体のヘビー級王者のワイルダー選手とジョシュア選手が目立ちすぎているだけで、この二人もなかなか特徴あって面白いと思います。

 

試合展開は先程も述べた通り、完全にアウトボクサーVSインファイター対決でした。

パーカー選手が1Rのゴングと同時に前に前に攻めていき、フューリー選手がいとこの兄さんさながらのジャブとステップで闘牛士のようにひらひらとかわす、という展開がずーっと続きました。1〜12Rまでずーっと。ある意味、流れ方だけは噛み合っているというような展開です。

クリーンヒットの数も両者共に少なく、少し前の時代の採点だったら、全ラウンドドローとなるかもしれません。そうなると、リングを支配していた方、手数が多かった方が採点では優勢になる時が多く、僕もその基準で採点しているのでほとんどのラウンドをパーカー選手につけました。

さすがに、フューリー選手は攻めなさすぎですよ。パーカー選手はこの試合で一度も後退してないのではないでしょうか。せっかく、10R1分30秒ぐらいにロープ際で体を入れ替えて逆にロープを背に向けさせたのに、そこですら4、5発のコンビネーションしか打たなかったですからね。いやいや、そこはさすがに攻めようよっていう。勝つためにも見てる人のためにも。

セコンドの指示でこうなったんなら、チーム一丸となって今後の作戦を練り直した方が良いでしょう。採点にクレームつけてる場合ではありません。

 

結果的に、公式ジャッジが118−110が2名いて安心しましたよ笑。114−114って。。。村田VSエンダムIやカネロVSゴロフキンでこんなのつけたら、それらの時同様にまあまあ問題になってもおかしくない気がしますよ。雰囲気って怖いですね笑。

 

 

・イギリスのリングサイドの盛り上がり方から

ちらっと映像に映りましたが、リングコールの時からリングサイド席の観客の一部は盛り上がっていそうでした。特にフューリー選手陣営の応援で目立っていたような印象です。

これから僕が気になったのは、日本の試合のリングサイドでこんなに熱く応援している観客ってどれぐらいいるんだろう?ってことです。先日10/22の村田選手が王者についた試合のリングサイドの様子が思い浮かびましたが、みんなちゃんと座って応援して興奮して拍手をしていましたね。

だからといって、もっとはしゃぐべきだ!と言いたい訳ではありません。別に地域の大会やC、D席ぐらいでは出場選手の知り合いや応援団らが普通にはしゃいでますから笑。

ただ、もっとリングサイドからは熱い声援があった方が盛り上がって良いな、と個人的に思っただけです。

 

そもそもリングサイドの席は高すぎです。そのせいか、そこまでファンとは言えないような有名人や金持ちとかが多いんですよ。一回2、3万円するようなクソ高い席なんて、出場選手の知り合いか、よっぽどのファンか、金持ちぐらいしか買えません。

しかも、これもそもそもですが、リングサイドって見やすいですか?セコンドとかジャッジの位置ぐらいだったらわかるんですけど、僕は見にくいんですよね。おそらく、下から見ているのが原因で、僕はボクシングの試合はいつもテレビで見るので、少し上の角度から見れるのがベストなのです。イメージすると、学校の体育館の大きさで2階席から見るぐらいの角度と距離でしょうか。おそらく、そう思われる方も多いのでは?

要するに、近い距離での2階席で高額な席を用意して金持ち達には見てもらい、知人や応援団にはリングサイドで高額でない料金設定にして応援して盛り上げてもらうのはどうでしょうか、という提案です。

なんか面白そうではありませんか?笑。まあ、「近い距離での2階席」という会場は無い可能性が高いので、あくまでも理想論です笑。

 

まあ、多くの日本人は良くも悪くも、行儀、マナーが良く、周りに迷惑をかけないことを好むので、今のままで良いという方がほとんどかもしれませんね。一応、観衆の様子見て思ったことを述べてみました。

 

 

・その他

リング内のところどころに、「YouTube」の広告がありましたね。

YouTubeに動画を配信して、そこに広告を掲載して個人が稼ぐのはよくある話ですが、YouTube自体が広告として掲載されるのって珍しいなって思いました。

よく調べてないので、何故かはわかりません。すいません。

 

また、フューリー選手のトランクスが上がりすぎたのにも注目でした。

高柳アナウンサーが、「乳首まで届きそうですね!」っておっしゃっていたのは、ものすごく絶妙な表現で思わずにやけてしまいました。

 

 

 

 

 

以上。

 

 

11月はこれぐらいの頻度の更新かもなー。

ワイルダーの試合が何故か生放送になったから少し楽しみですが、それ以外はちょっとなー。やっぱ俺まだにわかだなー笑。

ってか、忘れてるかもしれんが、特に目立つ放送カード無いなら、スペンスVSブルックの試合放送してほしいぜぃ。5月の試合だけど(笑)、是非エキサイトマッチで解説聞きたい。

 

 

ではでは。