インディーは考えた!

ボクシング(格闘技)とその他好きになったもの

MENU

【試合予想】8/27亀海VSコット

 8/27、メイウェザーVSマクレガー戦がアメリカラスベガス州で開催されるのと同じ頃、

アメリカカリフォルニア州では1人の侍ボクサーがプエルトリコのレジェンドボクサーと対戦します。

 

侍の名は、亀海喜寛。

レジェンドの名は、ミゲール・コット。

 

この日本人史上最大級の挑戦に、日本人の試合が好きなボクシングファンは、メイウェザーマクレガー戦なんかより全然楽しみ!という方が多いのではないでしょうか。

 

正直、僕はメイマク戦の方が楽しみなんですが、

それは比較したらの話で、三浦VSベルチェルト戦と同じくらいかそれ以上に楽しみにしています!

 

 

しかも最近は、 

っていう感じで、予想外な試合結果が多いから、結構あり得ると思います!

 

ただ、それは雰囲気の話。

この試合予想は、冷静に客観的に考えてみたいと思います。

 

 

 

試合予想

8/27亀海喜寛VSミゲール・コット inカリフォルニア州カーソン(スタブハブセンター)

f:id:indii:20170823145408p:plain

(引用元:Boxing News

 

 1.比較データ

f:id:indii:20170823211644j:plain

 

亀海選手、プロの戦績素晴らしいですが、アマの戦績もかなり素晴らしいですね。

特にこの「全日本選手権優勝」というのがすごい。

正直僕は、この称号はプロの日本チャンピオンよりもすごいと思っています。マジで。

 

実際に、全日本選手権に優勝して、プロに上がった選手は、すぐ日本チャンピオンなって世界挑戦することが多いです。

幼少期からやってる選手ばかりのアマチュアの方が、総じてプロより強いとも思っています。基礎もできていますし。

 

だから、亀海選手の実力って超本物なんですよ!

ただ、戦っている階級が激戦区なだけです!

 

 

そして、その激戦区のトップ戦線で戦って勝ち続けているコット選手はもっと本物です。その辺りの階級を複数制覇ですから。

 

また、その対戦相手達もパッキャオ、メイウェザー、モズリー、カネロ、マルガリート、ジュダーなど、レジェンドばっかり!

上に名前を挙げた選手達の何人かには黒星が付いているものの、いずれも接戦を演じています。

 

また、ウェルター級に上げたぐらいからは打ち合いのスタイルが増えて観衆ウケが良くなったことと、あのなんとも言えない渋い雰囲気を漂わせているのも人気の理由です。

 

個人的にはその渋さがコットの一番好きなところです笑。

 

 

 

2.試合展開

おそらくコット選手がアウトボクシングをして、亀海選手がそれを追いかける展開になるでしょう。

 

アウトボックスされて中間距離で戦い続けられたら、踏み込みとパンチのスピードで勝るコット選手に間違い無く持っていかれるでしょうから、接近戦に持ち込むのは必須です。

 

逆に接近戦に持ち込めたら、結構いい勝負になると思います。

コット選手も接近戦は超得意ですが、亀海選手の得意なパターンですし、一回りほど大きい体格と得意なボディ打ちで、コット選手のスタミナを削ることができるからです。

 

 

また、亀海選手が勝利するための参考映像として、コットVSマルガリート戦(第1戦目)(11Rでマルガリート勝利)がよく挙げられています。

確かに亀海選手が勝つには、あの作戦がベストでしょう。

 

でも、その試合通りに実行するのも結構難しいかもしれません。

 

というのも、2008年に行われたその試合を僕はリアルタイムで見たことないため、YouTubeで初めて見てみたのですが、

あの打たれても打たれても怯まず前に出続けてプレッシャーをかけていって終盤に相手の心を折るような勝ち方ができるのは、マルガリートだからできたことだからです。

 

マルガリートといえば、パッキャオ戦ではレフリーのストップが遅かったとはいえ、自分の目が白内障になってしまうまで耐えて戦える精神の持ち主。

亀海選手もタフですが、そんな選手と同じぐらいの精神力を持っているかはわかりません。

しかも、マルガリートVSコット戦ではマルガリートがバンデージに石膏のような異物を詰めていた疑惑もあります。

それが本当だとして、そこまでの準備とあのスーパータフに出続ける姿勢があればコット選手の心を折ることができるかもしれません。

 

 

しかし、マルガリートのようなタフさは無いにしても、ディフェンスの技術は亀海選手の方がかなりあります。

亀海選手は接近戦が得意とは言っても、その中で打たせずに打つようなボクシングができる、ディフェンスも上手い選手なのです。

 

 

 

 

接近したら、最初の何発かだけは我慢して接近し、回って逃げて行ったら走って行くぐらいすぐ詰めてまたプレッシャーをかけて接近戦へ。我慢するのは、接近する時だけ。あとはいつものように上手い接近戦で戦う。

また、コット選手は、ガード固めてる時の左アッパーと左に回る時に左ガードが下がる癖を突かれての右フックをよくもらうので、接近したら左アッパー、回って行く時には右フックといったパンチも交える。得意のボディ打ちも交える。

コット選手も開き直って、真っ向勝負してきたらそれこそ本望。

 

口でいうのは簡単ですが、もしこの通り実行できたら勝利の可能性はぐんっと高くなると思います。

 

あと、当然ですが、左フック・左ボディだけは気をつけた方がいいですね。

逆に、右はあんまり気をつけなくてもいいかなぁと。コット選手が右でKOするの見たこと無いですし、そもそも左利きですから。

 

 

 

3.結論

亀海判定勝ち2−1(115−113 ×2、113-115 ×1)

 

そう!

なんだかんだ、試合予想ではネガティブっぽくなりましたが、期待も込めて僕は亀海選手の勝利と予想します!

結局接近戦に持ち込み手数とスタミナの差で後半追い上げて、ギリ勝利を掴み取るという。

 

三浦VSベルチェルトの時はなんとなく、まだ三浦選手は厳しいかな、ていう気持ちが強かったんですけど、なんか今回は勝ちそうな気がします!

たぶん、最近の番狂わせブームにも乗せられています!笑

 

コット選手は、正直かなり余裕ぶっこいてると思うので、

是非、ボコボコにしてください!

 

 

 

でも、もし負けたら、また引退表明しそうな気がする。。

そう思うのは僕だけでしょうか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。

 

 

そういえば、当日ボクシングファンの皆さんはどちらを見られるんでしょうか?

 

僕はもちろん、両方見ます!!笑

しかもできるだけリアルタイムに近い時間で見たい!

 

ってことで、

DAZNではメイマク、WOWOWではこの試合が放送されるのですが、

当日の僕は、先にネット配信のメイマクを見て、WOWOWの方は衛星放送でテレビ録画ができるので録画して、メイマク終わりにそっこーで見ようと思います。

 

亀海VSコットの方が楽しみで、メイマクもできるだけ早く見たい人なんかもこれが良いと思います。

なぜなら、メイマクの再放送をDAZNが「見逃し配信」として配信するなら少し時間がかかってしまうかもしれないから。もし見逃し配信しないならAbemaTVでも、3日後の8/30にしか配信しないからです。

それなら、亀海VSコット戦を少し我慢して、録画で見た方が両方すぐに楽しめるくね?って。

 

僕みたいに、両方欲張って見ようと思う方はこの方法が最も当日中に楽しめる方法だと思うので、是非やってみてください!

 

※WOWOWエキサイトマッチを見たい方 

※DAZNでメイウェザーVSマクレガー戦を見たい方

watch.dazn.com

 

 

そういえば、SNSなんかは簡単に開かないようにしないといけませんな笑。亀海VSコット戦情報が流れてくるかもしれないから。

 

 

(追記8/28)

とりあえずすぐ書いたものです。

www.indiiii.com

 

 

 ではでは。